レシート買取アプリ「ONE」では、買取レシート総数が1億枚を突破したことを記念して、アプリ内でシーズナル商品をピックアップした企画『シーズナルキャンペーン』を8月より開始しました。ピックアップされるシーズナル商品は毎月変わり、8月はアイスのキャンペーンを実施しました。

本記事では、アイスのシーズナルキャンペーンの結果からアイス購入者の利用実態を明らかにし、効果的なプロモーション戦略を考えていきたいと思います。

※シーズナルキャンペーンの関連記事はこちらをご覧ください。

キャンペーン概要

シーズナルキャンペーンとは?

毎月、季節テーマに応じた商品のレシートをレシート買取アプリ『ONE』のユーザーから収集します。参加ユーザーの中から当選された方に対し、ONEのウォレットに現金がプレゼントされるレシート買取型のキャンペーンです。

当選はLOTO形式で行います。購入レシートの合計金額の下1桁と当選番号が一致したユーザー全員で、指定金額を山分けする仕組みです。

キャンペーン結果サマリ

  • アイスのシーズナルキャンペーンはトップクラスの参加率に
  • 40代まではエッセルスーパーカップ、50以上はチョコモナカジャンボが人気
  • 他商品に比べ、子育て世帯の参加率が高い
  • 全体的にスーパーマーケットでの購入が多数

アイスのシーズナルミッションはトップクラスの参加率に

image-01

アイスのシーズナルミッションへの参加者の総数は33,213名、レシート収集数は44,373枚でした。各商品一人一回の参加をルールに設け、全商品に参加してくれたユーザーは347名。参加数が最も多かった商品は、エッセルスーパーカップという結果になりました。

アイスのシーズナルミッションは大好評で、ONEで実施している他ミッションに比べてもトップクラスの参加率となりました。

40代まではエッセルスーパーカップ、50以上はチョコモナカジャンボが人気

image-02

今回のキャンペーンの購入傾向には、男女での大きな違いは見られませんでした。
image-03

しかし、年代別に見てみると40代以下と50代以上で違いが見られました。40代まではエッセルスーパーカップが1位、次点でチョコモナカジャンボが人気なのに対し、50代以上になるとその順位が逆転し、1位チョコモナカジャンボ、次にエッセルスーパーカップの順となっています。

今回購入理由は聴取していませんが、エッセルスーパーカップは1994年から販売が開始されたのに対し、チョコモナカジャンボは1972年より販売されていることから、40〜50代の方に親しみを持たれ、好まれているのでしょうか。

image-04

さらに、子どもの有無が購入要因に影響するかについて調べました。ONEのユーザー全体では、子どもと同居していない割合が多いのですが、今回のキャンペーンでは、全ての商品で子どもと同居している方の参加率が高くなっています。

このことから、アイスの購入要因に子供の有無は少なからず影響していることが分かりました。

アイスはスーパーマーケットで購入

image-05

商品を購入した場所を見てみると、占める割合は異なるものの、どの商品もスーパーマーケットで最もよく購入されていることが分かりました。

前述したように、子育て世帯の参加が多かったことから、スーパーマーケットでの食材や日用品の買い物のついでに購入されているのではないかということが伺えます。また、クーリッシュとピノはコンビニでの購入も他商品を比べ多くなっています。クーリッシュは手軽に食べられること、ピノは季節限定商品を活発に売り出していることから、ふらっと立ち寄ったコンビニで偶然目について購入されるケースも多いのでしょうか。

アイスのプロモーションは、子ども受け・スーパーでの購入を狙うのが効果的

今回、異なるメーカーのアイスのレシートを収集し、消費者の購買行動を明らかにしていきました。それぞれの商品で大きな差は見られませんでしたが、本調査の結果からアイスのプロモーション戦略において、子ども向けの施策やスーパーマーケットでのまとめ買いを狙った工夫は効果がありそうです。

8月はアイスをテーマに実施したシーズナルキャンペーンですが、9月のテーマは「スポーツドリンク」「日焼けケア商品」です。また、ONEではこのシーズナルキャンペーンを一緒にこのキャンペーンを盛り上げてくださる企業様を募集します。12月末まで実施する予定ですので、商品プロモーションをお考えの企業様は、この機会に是非ご利用ください。

シーズナルキャンペーンのスケジュールはこちら
image-calendar

(※対象商品は変更となる場合がございます)

ONEについて

レシート買取アプリONEでは月間1,500万枚以上のレシートを収集しており、ユーザー日頃のお買い物傾向を様々な観点(期間、性別、エリア、家族構成、過去の購買情報等)から分析することが可能です。さらに、分析結果を活用して効果的なマーケティングや顧客へのダイレクトプロモーションも行っていただけます。『ONE』のユーザーデータや購買データに興味のある方は、以下よりお気軽にお問い合わせください!

CTA